MMO日記 Echo
イケヤの本
*ネタバレ注意*








tera_e_162.jpg


イケヤの本


アルゴンは私たちのような生命体ではない。
殺戮で得た生命エネルギーを根源として働く人工物、ゴーレムのようなものだ。

彼らは腕が取れても何も感じない。
言葉が通じず、痛みも感じない相手と戦わなければならないのは、恐ろしいことだ。

しかし、人工物ということは、彼らを作り出した存在がいることを意味している。
その存在を調べれば、この戦争を意外に早く終わらせることができるかもしれない。

最近は、動物だけでなく、植物からも生命エネルギーを入手し、
自らが使用した生命エネルギーを再活用するアルゴンさえいる。
アルゴンの進化は、私たちにとっては決して喜ばしいことではない。







大きな影を映しながら過ぎ去る青い鳥。私たちはそれを「サン・セカ」と呼ぶ。

当初、「サン・セカ」は偵察しているだけだと思っていたが、それだけではなかった。

それは白い卵のようなものを撒きながら飛び、
中からアルゴンの最小単位であるケルバーが出てくるのだ。
ケルバーはアルゴンの基本単位。ケルバーが合体してタルク、
シャマルラン、カラシュなどになり、彼らが合体してヘルシャ、アカカラシュになる。

ケルバーは弱い。ケルバーたちの合体を防いだり、
合体を解除する方法が分かれば、アルゴンを撃退するのは簡単なはずだ……。







アルゴンが人工物だと判明したのは、彼らが死ぬ場面を目撃したからだ。
彼らは集団で巨大な構造物を建て、完成すると死んだようにその場に倒れた。
そして、彼らから小さな光の塊が浮かび、北東の方に消えていった。

初めてそれを見たときは、すごく驚いた。彼らは目的のために動き、
任務が終われば光の塊になって、別の場所へ飛んでいく。

その光の塊が生命エネルギーだと分かったのは、サスケの死がきっかけだった。
アルゴンは一瞬のうちにサスケを取り囲むと、光の塊を取り出したのだ。

塊を取られたサスケは……あの時のことは今思い出しても胸が痛む。








アルゴンには意識がないと思っていたが、
そうではないようだ。少なくともラマヤンには意識がある。
ラマヤンが、最小単位であるケルバーと会話しているのを偶然目に
したのだ。いや、ケルバーを通して、別の誰かと話をしているようだった。
ラマヤンは相手のことを「シャンドラ・マナイア」と呼んだ。

シャンドラ・マナイア……それがアルゴンを作った存在なのか。
魔導士? それとも地上に残る神の一人?

自意識のない存在を作るだけなら魔導士にもできる。
しかし、ラマヤンには自意識がある。声明を想像できる者なのか?

だとすれば、私たちは思った以上に大きな存在と戦っているのかもしれない。








○原の広場。それは関門のように見える。まるで巨大な城の入り口のように。

数日前、何か巨大なものをセカと他のアルゴンが引いていくのを見た。
彼らは広場の南から北へそれを引いて行った。
それはとてつもなく巨大で、セカが3匹は入りそうだった。

おそらく彼らはそれを取り出すために各地を掘り返していたのだ。
そして、それを運んでいる北方に彼女がいるはずだ。
アルゴンの女王、シャンドラ・マナイアが……。

私はここまでのようだ。
もしもこのメッセージを発見したものがいたら、
友人のヘカシャに安否を知らせてほしい。





<本を閉じる>





クエスト「イケヤのメモ1~5」の報酬、イケヤの本から転載。
一部、漢字が潰れて読めなかったので○にしてます。
関連記事




[ 広告 ]

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



装備画像



ブログ内検索



広告



RSSリンク



スクリーンショット



カテゴリー



コンテンツ



リンク



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



プロフィール

tera_e_438.jpg WordEight [TERA]
エリーヌ鯖のはずれソーサラー。どんなに頑張ってもタゲが飛ばない。ペロりすぎて床の味にも慣れた。


tera_e_439.jpg Whiskey [ドラゴンネスト]
バルナック鯖に生息。ネスト入り口で死ねる実力。最近はセントヘイブンの住人に。





広告