MMO日記 Echo
新星の章、発表会
妙院郷でGMが実況して下さったので発表された内容をざっと




・拡張パック第4弾 : 新星の章


<テーマ>

 究極の“戦国に生きる”



<コンセプト>

 天下統一の実現
  天下統一までに作り出される激動によって、より多くの感動が生まれます。
 仲間との絆の力
  個人の力があつまって、大きな力となることで生まれる一体感を強化します。
 ゲームシステムの刷新
  一本の柱を中心にシステム全体を再構築、今までのコンテンツ全体に新鮮さを与えます。



<2010年3月発売予定>




<『新星の章』5つの要素>

・天下人システム
 :『新星の章』では今までの21カ国の「国」の争奪ではなく、
 全国に配置された100以上の「城」や「砦」 、「櫓(やぐら)」といった
 城砦をめぐり勢力同士が争うことになります。

 つまり『新星の章』の合戦は、これまでの長期的な「国」の奪い合いから
 非常に短期間で勢力図が動く「領土」の奪い合いへと大きく変化するのです。
 これにより、その時の勢いが勢力図に反映され、
 より緊張感のある戦国の世が再現されます。

 合戦に勝利し城砦を獲得すると、勢力にこれらの拠点から資源が供給され、
 合戦を有利にすすめられるなどの効果を得ることができる他
 その資源を利用した新たなクエストが追加されるなど、遊びの要素も追加されます。

 どの城砦を狙うか、守るかが天下統一における重要な戦略となります。
 自勢力がその領土を拡大していくと天下人ポイントがたまります。
 この天下人ポイントで大名の天下人ランキングが決定します。

 一定の期間が経過するとランキングの1位と2位で天下分け目の戦いが発生します。
 この天下分け目の戦いを勝利した勢力が最終的な天下統一勢力となります。
 
 天下統一後は、勢力のデータを一旦白紙に戻して、再び次の戦いがはじまります。
 なおこの天下統一までの期間は今のところ1年から1年半を想定しています。



・一門

 天下統一を目指すためのギルドシステム、それが「一門」です。
 一門は一定レベル以上の10名のプレイヤーから結成できます。
 これらのプレイヤーは同じ勢力である必要はありません。

 一門にはギルドの一般的な機能だけでなく、
 所属メンバーが自分の存在を強く意識できる「奉行人システム」を実装します。
 例えば、一門内で「勲功」獲得1位になると「筆頭奉行」となり、そのプレイヤーが
 合戦に参加すると、ギルドメンバーに勲功ボーナスがつくといった具合です。

 また一門が勢力に貢献していくと大名より「一門所領」を与えられます。
 一門のメンバーの活躍によって、所領はどんどん開拓していくことができます。
 所領が発展すると生産や加工施設を所領内につくり、
 一門のメンバーに大きなメリットが与えられます。

 どのように施設を発展させるか、一門ごとに特色のある所領づくりがお楽しみ頂けます。
 


・拠点戦
 「拠点戦」は、カジュアルに楽しめる新合戦システムです。
 「拠点戦」の位置づけは従来からある大規模な合戦の「陣取戦」や「大決戦」を
 有利に進めるためのものとなります。

 ①1時間足らずで決着のつく短期決戦
 ②集団での連携プレイを実感しやすい30人対30人の中規模合戦
 ③徒党を組まない、巻き込まれ戦闘。
 これは戦闘に入った瞬間に一定の範囲内にいるプレイヤーと
 NPCが自動的に徒党を組むというものです。
 これにより憧れの有名武将と共に戦うことが可能になります。



・評定システム

 評定システムは、ソロプレイや徒党、一門で遊ぶクエスト群です。
 プレイヤーは武将が評定で打ち出した提案を、クエストとして受けることができます。

 評定で出されるクエストには、定められた期間内で一門同士が功を競い合うもの。
 あるいは同勢力の仲間で協力が必要なのものなど、多彩にあります
 特に大きな功をなした一門は武将の関係が向上します。



・独眼竜の野望

 5つの要素の最後は新シナリオ「独眼竜の野望」となります。
 これは「伊達政宗」による、天下統一への野望を描いた新ダンジョンです。
 
 不思議な神「大黒天」の誘いでプレイヤーたちは時空を超えて、
 政宗の天下統一への野望に協力して道を切り開いていきます。



 今回の新星の章では一門をコンテンツの柱の中心に据え
 自勢力による天下統一という大きな目標を掲げることで勢力コミュニティを強化し、
 各コンテンツが連環することで皆様に飽くことのない面白さをお届けします。





<その他の拡張要素>
・新技能
・新強化装備
・装備箇所の追加
・さらなる潜在能力
・生産レシピの追加
・両替商の拡張

・BGMは川井憲次氏が担当
・先行スターターチケットの発売(新規向け)
・パッケージ版の発売
・PS3版の開発を開始(新星の発売後になるそう)

・一門システムを新星の章の前に実装





ペットとの間柄(信On)
餌のやり具合や、遊ぶ頻度によって間柄が変わっていく様子
間柄が『なついている』だと輝片や艶輝晶を拾ってくるようになり
『よくなついている』までいくと幻晶や磨晶も拾ってくるとのこと




目を開けたまま寝る猫



ただ、ペットの餌は24時間経つとあげられるようになるようですが
それだけのために毎日屋敷へいくというのも面倒な話で
楽市の取れた週はこまめに世話してるものの
楽市の入札週は本国に戻ってる時間も惜しいので放置状態
飼育から60日を超えてるのに『普通』のままだったりします
そのうち世話も忘れて家出されるんだろうなとか思ったり…


凶変伏雷メモ
1  全体術を連打、物理攻撃も後衛即死級
23  殴りタイプ。爛火も使用
45  殴りタイプ
6  万雷級の術。詠唱韻、爛火、奔雷も
7  蘇生完全あり。韻の頻度多め。奔雷、氷雪嵐も






1が雷雲招来、破界の雷と全体術の割合が高く
雷雲招来で黄△を消されるので追加された回復技能が使いにくい
お供に爛火を使われて生命減少の状態にあると回復が追いつかない事も
術軽減か、痺れを入れてターンを稼げると楽に


気合削りは6のみ、23が使う堕獄牙の痺れ効果が少し面倒
1の使う破界の雷で滅却が剥がされてるので、雷の術かとスルーすると酷い事に


開始から5分後に噴殺魔禍を使用。4体に3000の固定ダメージ
爛火やお供の術、直前の1の攻撃で生命が減りがちなので
しっかり回復させておかないと一気に半壊することも
以降は開始から15分後、25分後と10分置きに使用


倒す順番は爛火のある23からか、韻や奔雷の面倒な7
気合削りと奔雷のある6からがお勧め。初期結界は7のみ


凶変析雷メモ
1  殴ってくる事が多め。破界大車輪は結界破りの効果も
23 気合削りの殴りタイプ。火の輪・四あり
45 間接攻撃あり。死の呼び声の上位版も使用
6  気合削り。氷雪嵐、奔雷あり
7  蘇生完全もち。韻の使用頻度高め。氷雪嵐、奔雷あり





no59.jpg


1の大車輪は後衛に抜けると即死級のダメージ
1の屍呪、45の呪い詩歌、6の死の呼び声と、麻痺系の技が多め
2367の攻撃に気合削りがついているので盾役がガス欠になりがち


開始5分で1が嵐雷。4~5体に3000の固定ダメージ
以降は開始から15分後、25分後と10分ごとに使用



お供がどれも嫌らしいので、倒す順番は相談で
迷うようなら6か7がお勧め。初期結界は7のみ


凶変黒雷メモ
23 殴りタイプ
45 殴りタイプ。結界破り+青▽呪詛の龍槍撃が厄介
6  爛火、奔雷。万雷級の術も
7  蘇生完全持ち。韻の頻度も高め。奔雷や氷雪嵐も

1は高攻撃力、殴ってくる事がやや多め
戦闘開始から5分後に覇吼。以降は10分間隔で使用。4体に3000の固定ダメージ。
破界の雷は全体に1800ダメージ+結界破り





45の龍槍撃で盾の能力を奪われるのが怖いボス
青▽を防ぐだけなら呪詛耐性を上げる技能が効くらしいので
党員にもってる人がいるのなら使ってみてもいいかも
自分の時は僧さんがいなかったので盾3の構成で1への痺れ切り多めに



開始から5分後にくる覇吼をどう凌ぐかが勝負どころ
覇吼の3000ダメージと、前後にくるお供の+αで生命が一気に減るので
直前に生命を全回復しておかないと危険な事に
67を黙などで止めたり、直前と直後の1のターンを痺れで潰せると安定しがち

覇吼は5分経った後に入力。以降は15分後、25分後と10分置き
痺れ切りなどで覇吼のターンを潰しても、その次のターンで撃ってくる様子



7が4分間隔で使ってくる赤黄の韻は道雪などが使ってくるものよりも低め?
忙しい時は1ターンぐらいつけたままでも平気そう




装備画像



ブログ内検索



広告



RSSリンク



スクリーンショット



カテゴリー



コンテンツ



リンク



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



プロフィール

tera_e_438.jpg WordEight [TERA]
エリーヌ鯖のはずれソーサラー。どんなに頑張ってもタゲが飛ばない。ペロりすぎて床の味にも慣れた。


tera_e_439.jpg Whiskey [ドラゴンネスト]
バルナック鯖に生息。ネスト入り口で死ねる実力。最近はセントヘイブンの住人に。





広告